プロダクト開発のノウハウを交換するミートアップを不定期で開催しています。

次のイベントに参加する

登壇歴

    2016

  • UIコピーの役割 @ Ride the Lightning

    UIコピーについての考え方や検証方法を、日本語コピーに関する考察を交えてEikoがRTLで話しました。

    Ride the Lightning
  • ユーザーから学ぶ @ Intrepreneurship 2016

    Tomomiが、定性調査をもとにした説得力のあるストーリー作りや、組織内の決断を推進させる方法について発表しました。

    Intrepreneurship 2016 本人プロフィール
  • Workshop: CSSアニメーションとトランジション @ CSS Kyoto

    Mathieuが、CSSアニメーションに関するワークショップ〜CSSアニメーションの特徴とその手法について〜を、京都Cowakiにて主催しました。

  • Three Curveballs for the new year @ UX Jam

    Tomomiは、分散型の多言語コラボレーションについてや、デザインスプリント、ファシリテーションに関する考えをお話ししました。

    UXmilk スライドまとめ

    2015

  • コンテキストインタビュー調査について @ UX Talks Tokyo

    Chrisが、コンテキストインタビュー(Contextual inquiry interview)の方法について、日本における自宅訪問でのコツも交えて紹介しました。

    UX Talks Tokyo
  • Workshop: Flexboxを使ったレイアウト @ CSS Kyoto

    Mathieuが、Flexboxを使ったウェブサイトのレイアウトデザインに関するワークショップを主催しました。

  • ワークショップの構造について @ Laptop

    Tomomiが、ワークショップのデザイン、準備およびファシリテーションに関するトークを、AQ ParisのあるLaptopにて行いました。

    Laptop
  • データ分析の手法 @ Ride the Lightning

    Marionが、AQのSlack channelに対して行ったデータ分析の手法や結果について話しました。

    Ride the Lightning

    2014

  • From hand to screen: cross disciplinary design and connected objects at DDays

    パリのDDaysで、ChrisはElodie Bongrain (FaberNovel)とMatthieu Savary (User Studio)と一緒に、「モノのインターネット」時代におけるインタラクションデザインについて議論しました。

    イベントレポートと収録ビデオ(英・仏)
  • Echelon 2014

    アジア最大のスタートアップ・イベントにて、Chrisがサンフランシスコやシンガポールの起業家と、スタートアップにおけるサービス開発について議論するパネルディスカッションに参加しました。

    告知ページ(英)
  • Hiリリースイベント @ Designer Fund

    サンフランシスコで「Hi」のリリースを記念するイベントを開催し、開発秘話やデザイン過程について話しました。

    Designer Fundのサイト(英)

    2013

  • Hi ワークショップ @ Shibaura House

    ChrisとHiの共同設立者Craig Modが、デジタルパブリッシングの未来に関するワークショップを開催しました。

    イベントレポート

    2012

  • Onlab [DATA] Conference

    クリスが、Onlab主催のカンファレンスに参加しました。 WEB・モバイルサービスのリリース後に質的データを収集し、ユーザエクスペリエンスを改善するメソッドを解説しました。

    公式サイト(登録)
  • SwapSkills - Webサイトもスマホアプリも!One Web

    One Webをテーマに、海外で話題になっている最新情報、実現できるノウハウや考え方、ワークフローをご紹介するイベントです。Tomomiが、コンテンツ戦略についてお話ししました。

    公式サイト
  • UXcamp Europe 2012

    PaulとTomomiが、ベルリンで開催されたUXcamp Europeに参加しました。ヨーロッパ中から1,000人以上が集まり、インフォメーションアーキテクチャやUXデザインのセッションがアンカンファレンス形式で行われる2日間のイベントです。

    公式サイト(英)
  • MuseumNext 2012

    バルセロナまで足を運び、PaulとTomomiが「美術館×デジタル」をテーマとするヨーロッパ最大のカンファレンスにて、AQがデザインを手掛けるTokyo Art Beatの美術館割引アプリ「ミューぽん」の発表をしました。

    公式サイト(英) Tomomiのブログ記事(英)
  • UXワークショップ(社内研修)

    Chris, Tomomi, Paulの三人が、スタートアップ向けに、サービスのKPI設定とファーストラン体験の設計に関する半日ワークショップを行いました。

    2011

  • 日経BP「スマートフォン&タブレット 2011 冬

    Chrisが「スマホUIの真髄」と題した一時間のセッションで、スマートフォンアプリにおけるUXの重要性やその成功事例などについて解説しました。

    公式サイト 日経BP記事
  • The New Context Conference 2011 Fall

    Chrisが、デジタルガレージ社主催の2日間のカンファレンスにて、Leanスタートアップにおけるデザインと開発の統合を議論するパネルセッションに参加しました。

    公式サイト イベントレポート
  • PechaKucha Night Tokyo #83

    Tokyo Art Beatと共にTomomiが、20秒×20枚のスライドで、震災後のアートシーンを追ったバイリンガルのプレゼンをしました。

    告知ページ
  • PARTYstream for JAPAN

    Tokyo Art Beatと共にTomomiが、震災後に改めてアートの力を考え、アーティストの活動を紹介するプレゼンテーションを行いました。

    イベントレポート
  • SimpleHonestTalks with AQ Tokyo

    シカゴのクリエイター向けに、ChrisとRyanが芸術文化におけるデザインとデジタルコミュニケーションの力について講演を行いました。

  • AQイベント:デザインのプレゼンテーション

    デザインのプレゼンテーション力を鍛えるために、デザイナーやクリエイターの仲間を誘って、ゲーム感覚のワークショップを企画・開催しました。

    2010

  • AQイベント:美術館を再考する

    ユーザ参加型の時代に、美術館はどのようなエクスペリエンスの実現に向かうべきか?Tokyo Art Beatとミュージアム・リサーチャーの平野智紀氏をお呼びし、社内の勉強会で議論をしました。

    イベントレポート
  • AQイベント:Adam Greenfield氏 「Becoming Real」

    Adam Greenfield氏をお招きして、「何かを起こそうとしたことがある」すべての人を対象に、アイディアやビジョンをプロジェクトとして実現する方法についてトークイベントを開催しました。

    告知ページ イベントレポートと収録ビデオ
  • TAB Talks #17 「アート・プロモーションのTwitter活用術」

    Tomomiが、アート・イベントにおけるTwitter利用のケーススタディとして、瀬戸内国際芸術祭のソーシャルメディア戦略と運用の詳細を紹介しました。

    告知ページ イベントレポートとスライド資料